スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石燃料(石油)の変わりに「水」

時々 ひっそり 小さな中小企業の社長が大発明をしている。
しかし、利権絡みで世には出回らない。
その発明 そのものがもみ消されたり、反政府的という理由で融資が受けれなかったり。

要するに、本当に人の為、いや 地球の為になるテクノロジーは
利権でがんじがらめになっている 今の社会システムの中には入り込めないのだ。

フリーエネルギー装置が家庭に普及してしまったら、
電力会社・ガズ会社関連の職に就いている人達が黙ってないだろう。
石油はもう必要無いとなったら、一番損をするのは 今の富裕層。

だから、どんな小さな「芽」でも摘まれてしまう というか、摘んでしまう。

医療・薬品関係もまた、しかり…

しかし、どんな時代も自然淘汰されてきた職業はあるもので
時間がかかるかもしれないが、確実に次の持続可能な社会が垣間見れる。
是非、以下のリンクであなたも 素晴らしい未来の予感を感じてほしい。

酸水素ガス
http://www.youtube.com/watch?v=GE9cUgPdA_s&feature=player_embedded


問題は、いつスタートがきれるかという事かな

スポンサーサイト

光=愛=

前回のブログの内容から、落ち着きを取り戻し
ここ数日に感じた心持の変化が やっと「文字」になりそうです。


先日、子供達との買い物の帰り道
見かけました。とってもキレイな発行体
もしかしたら、飛行機が夕焼けに反射してたのかもしれませんが
まるで、先日の金環食のような
まるで、プラチナのリングのような
環をまとった 発行体でした。

「キレイねぇ」としか 言葉に出来ませんでしたが 心に焼きつきました。
子供達も「なんだったんだろうね」とは言ってましたが
UFO=怖いものという先入観をぴょんと乗り越え、目撃を素直に受け止めていました。

また、会えるように 波動を高めていきたいです。


「光=愛= 」

結論からいうと、=相手の幸せを心の底から願う事 

小学生の頃言われた「自分がされてイヤな事は他人はしちゃいけない」を
発展させて 他人とのコミュニケーションの中で
自分の心持の方向性を「相手の幸せ」に向かい合わせる事… 

相手の幸せとは、それこそ 十人十色
だから、必ずしも 「幸せ」を感じてもらえるとは限らないけど
方向性を合わせていれば それは些細な事の積み重ね

たとえば、
「美味しい=幸せ」とか「楽になった=幸せ」とか「うれしい=幸せ」「楽しい=幸せ」などなど
その瞬間に感じる、ふっとした安堵の気持ち。

その瞬間を 自分の経験と照らし合わせて、相手の幸せを考え 行動する
間髪入れずに、本能のままに 単純に
(あまり 考えちゃうと 空回りしちゃうんだよね)

それが「愛」なんだと思う。
「光」と「愛」はイコールだから
「光」を選択するという事は 具体的に他の人とのコミュニケーションの中で体験・体感する事

自分自身に対しても 自分の幸せを考えて
苦手な人には無理しなくてもいいし、感動や感心(わくわく感)も「幸せ区分」に入れてみる
「かわいい=キレイ=幸せ」も大事な事

そんな事が、ここ何日かで すんなり「消化」出来きました。
あの発行体が 背中を押してくれたのかな?


変死

一月三日に、同じバイト先で一緒だった 28歳の男の子が亡くなった。
多摩川のサイクリングコースの脇で、倒れてた所を通行人が見つけたらしい。

扱いは「変死」

一年位前にバイトで入ってきた、塾の先生で「親に借りているお金を返そうと思って」と
週に五日のシフトで頑張っていた。このころはいたって普通の青年で
多少気が利かないなぁと思っても、若い男の子だからと周りも温かく迎えた。

ときどき、目の周りにアザを作ってきて びっくりさせられたが
総合格闘技をしてるという事でそんなに心配をはしてなかった。

しかし、ここ2.3カ月前から 様子が変わっていった。

どんどん痩せていくのだ。
本人は「二週間で10キロ痩せたんです」と平気な顔で言う。
でも、その後もどんどん痩せていった。
さすがに心配になって 理由を聞くと
「個人トレーナーが君に足りないのは精神力だから、食べるなと言われたんです」
でも、食べない訳いかないでしょ?と聞くと
もうひとつのバイト先のコンビニで廃棄処分になったお弁当をもらってきて
その中から、トレーナーが食べて良いものを選んでくれるので
そのお弁当を食べてます。と言う
そんなお弁当が冷蔵庫に何個か入ってるんです。と普通に話してた。

格闘技のトレーナには、月数十万払っているとも言ってた。

しかし、うしろから見ると まるで洋服がハンガーに掛かっているような痩せ方
学生の時に拒食症のクラスメイトがいたが、そんな感じになっていった。
筋肉が付いているわけでもなく、ふらふら歩く様になっていった。

そして、この一カ月
顔に、アザを作るようになって 両目の周りはいつも真っ黒
ほほも赤いんだか、青いんだかで 腫れて輪郭か変わっていった。

治る間もなく、新しいアザ
顔しか分からないが、体もおそらく そうだったんじゃないかな
だんだん、血の気が引いていって まっ白い顔になって
顔の輪郭は変わったままになっていった

そこまでくると、もう怖くて、気持ち悪くて 顔が直視出来ない。

そんな彼が「もっと格闘技に時間を掛けたいから、今月いっぱいでバイトを辞めます」と言ってきた
一年後には、自分の道場を持つんだと続け、その頃までにはモノになるとトレーナーに言われたと自信もありげだった

「だまされてる」・・・と言いかけたが、ノリノリで明るい未来を語る青年に 付け入る隙が無かった

頑張ってねとしか言えなかった。

そして、去年(といっても、一週間前だけど)12月30日にあいさつにきた
その姿はまるで「おばけ」
生気がなく、立っているだけでも ふらふらしていた。
思わず、時間が取れたら病院に行きなさいね!と言ってしまった。

そして昨日、亡くなった話を聞いた。

辞めてから、三日後

年末、仕事をしてても ロレツが回らす 怒鳴られてたらしい。
食堂のサービスで置いてあった コーンスープを立て続けに飲み、食堂の人に怒鳴られてたらしい。
会話も噛み合わなくて、皆「おかしい」と思っていたといまさら言っていた。
きっと、脳内出血で倒れたんじゃないかなとも…

彼は一人暮らしで、年末は塾が忙しく 実家には帰っていなかった。

親御さんの事を思うとツライ

ここ数カ月で変わってしまった外見をどう受け止めるんだろう…
まるで、拉致され食事も与えられず リンチを受けたような姿を。

個人レッスンをしていたトレーナーはどうやって この事態を受け止め
心の整理をするのだろう…


そして、
私はどうして なにもしなかったんだろう
明らかに「変」だったのに
本人の意思だからといって、やっぱり止めるべきだったんじゃないだろうか
おせっかいをやくべきだったんじゃないんだろうか


もし、道に迷った若い子に出会ったら なにも考えずにおせっかいおばさんになろう



ちなみに、彼は童貞だった。28歳だけど…

どうぞ、迷わず、成仏してください
ご冥福を心からお祈り致しております。


新型インフルエンザについて

やっぱり、ビジネスの材料だと思う。
まぁ、医療現場に限らず こうゆう事ってあるんだろうけど

でも、新型ワクチンはいただけない…
成分はかなり、やばい

まだ、注射してない人は どんなに周りの人やニュースが
「重症化すると、大変ですよ~」とか
「蔓延防止の為に打たなきゃダメだよ~」とか言っても
決して、接種しちゃいけない。
その位、気持ちの悪い成分なのだ。


なんで、大みそかに始めたのか分からないけど
来年はこの件の続きやら、他の件でも
どんどん、思いをぶつけていきたい。

新年に向けての抱負です!

はじめに

ここには、迷いに迷い「スピリチャル世界」を放浪し
それでも、直感に従い 歩んできて…
えっ!そうだったの!?って事を整理しながら、書いていきたいと思う。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。